TORI NO HITO*

オールラウンドなツレヅレナルママ日記的ブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
image12.jpg

ようやくみおわったよ攻殻機動隊
すっごいよかったすっごいよかったのでかんげきのあまり記念イラスト

<ここで攻殻機動隊をしらないひとのためのかいせつ>
漫画家 士郎正宗の描いたSFコミックで、近未来、情報ネットワークが進んだ<電脳社会>日本を舞台に、時代背景とともに増加した特殊犯罪を捜査し除去する攻性組織「公安9課」の活躍劇。それを押井守という人が監督してできたのが「GOHST IN THE SHELL」で、1995年に劇場版として発表。そのあと21世紀に入ってテレビアニメとして「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」、つづいて「攻殻機動隊SAC 2nd GIG」がつくられた(監督は神山健治)。2004年には「GOHST IN THE SHELL」の続編ともいえる「イノセンス」が劇場公開されているよ。

はあはあつかれたしかもまちがえてるかもしれない
SACシリーズはビデオにして26本!けっこうながいみちのりだったよでもどんどん先が観たくなるのはプロットのちみつさやストーリーのおもしろさ、キャラの魅力があればこそだとおもう。でもほとんど1話簡潔なのでわかりやすい。そういうのも含めておすすめ

SACシリーズすきなせりふ
・「世の中に不満があるなら自分を変えろ。それが嫌なら耳と目を閉じ口を噤んで孤独に暮らせ。それも嫌なら―」
・「僕の目にもインターセプターが!!」
・「そうしろって囁くのよ、私のゴーストが」

ぜんぶひっくるめていちばんきになるせりふ
・「孤独に歩め、悪を為さず、求めるところは少なく、林の中の像のように」
意味は・・・
もしも思慮深く聡明な人を伴侶として共に歩むことができるならば、あらゆる危険困難に打ち克って、こころ喜び、念いをおちつけて、ともに歩め
しかし、もしも思慮深く聡明な人を伴侶として共に歩むことができないならば、国を捨てた国王のように、また林の中の象のように、ひとり歩め
愚かな者を道伴れとするな。独りで行くほうがよい。孤独(ひとり)で歩め。悪いことをするな。求めるところは少なくあれ。─林の中にいる象のように
↑仏陀の教経の引用らしい。なんかすき


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。