TORI NO HITO*

オールラウンドなツレヅレナルママ日記的ブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20050723103600

きのうりんちゃんからTACHEN(タッシェン)というところから出た日本のまんがを紹介してる洋書(580ページくらいあってぶあつい)を借りて読んでみた

あいうえお順にあだち充、楳図かずお、大友克洋、手塚治虫、車田正美、鳥山明とかもうジャンルばらばらで135人が紹介されてるんだけどこの選定基準がわからないというああなんて難解なんだ
一人あたり4ページで日本語の作者評、英・仏・独の翻訳文、コミックの抜粋(代表作の表紙とか中身とか)で構成されててすごいボリューム
しかしよく読むと面白い
・まず士郎正宗のページに石ノ森?の「サスケ」が混ざっている←ほかにも数ヶ所さんこんなまちがいがあるこれ漫画家見たら泣くよ絵がぜんぜんちがうじゃんか気づこうよ
・「ラブひな」の赤松健の書評のくだり
>女性キャラクターたちがアクシデントによって主人公とキスをしたり、主人公の前で裸になったりという描写をしつこいほどに繰り返す手法はラブコメディーとしてオーソドックスではあるが、若い男性、とくに「オタク」と呼ばれる読者に圧倒的に支持され
とかそんな冷静に解説されたら身も蓋もないじゃんよ

実はこの日本語の書評したひとがいちばんすごい
ここだけでも見る価値あり
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。